【身近過ぎて、意外と知られていない】ゴータマ・シッダールタが開祖したインド発祥の仏教が、日本人の大半が信仰するとされる仏教と異なる点とその理由について。
仏教にも宗派があり、様々なお釈迦様のイメージがあります。しかし、仏教は元々インドでゴータマ・シッダールタが開祖した宗教で、中国を伝わって日本にやってきた経緯があります。インドで生まれた仏教から、日本で独自に育まれてきた仏教の特徴を挙げて、その理由について調べてみました。すると、なんとなく聞いたことはあるが詳細は知らないといったことや、こういうことだったのかと意外と知られていないことが分かったのでご紹介したいと思います。もちろん、諸説あるかと思いますし、考え方によって内容が異なる場合もありますので、入門編としてお考え下さい。ひとまず起源から遡り、原始仏教から派生した3つ目までをご紹介します。
girls&boys
最終更新日5 17, 2019
【中国を経由して、聖徳太子が広めたとされる初期の日本仏教】ソース:https://rekijin.com/?p=29918
girls&boys
5 17, 2019
0
その後、仏教は中国に渡り、誤解を恐れずにわかりやすくいうと、孔子を始祖とする儒教などの考え方と合わさり、文字文化などを共に日本に伝わりました。聖徳太子は、仏教のみならず儒教、それに神道を組み合わせて、日本初の憲法となる十七条憲法を制定します。さあ、ここでなぜ私たちがいくつかの宗教の考え方が混ぜ合わさっているのかの理由が、なんとなく少し分かった気がしますね。また、聖徳太子自身は政治の道を離れた後、仏教の布教に努め、いくつかの寺院を建立したと言われています。これらの歴史的背景を鑑みると、日本の寺院がインドや中国のものと似ている気はするが、異なる所以も納得ですね。
関連トピック